オフィスレイアウト入門:ゾーニング計画

ゾーニング計画とは、オフィスに必要な機能スペースを、大まかに位置取り(割り振り)する作業です。
まずは、必要となる機能スペースを一通りリストアップしましょう。

執務スペース
執務スペース
役員スペース
役員スペース
会議スペース
会議スペース
応接スペース
応接スペース
会議スペース
商談スペース
受付スペース
受付スペース
休憩スペース
休憩スペース
複合機スペース
複合機スペース
給湯スペース
給湯スペース
倉庫スペース
倉庫スペース
サーバースペース
サーバースペース
ロッカースペース
ロッカースペース

…など、一般的には、上記の一覧のような機能スペースが考えられるはずです。
貴社ならではの業務内容の特性などを考慮しながら、一つ一つリストアップしてみてください。

ページの先頭へ戻る

具体的に機能スペースを割り振る

オフィスエリアの役割

オフィスエリアを大きく3つの役割に分類し、上記でリストアップした機能スペースを、具体的に割り振ります。

各部署や来客者との関連性を考慮して、密接な関係をもつ部門・エリア同士を隣接させることで、業務の効率化を図ります。その際、必要な各スペースの用途や利用者をイメージしながら、位置取りを行うことが重要なポイントです。

例えば、不用意に社外の人が執務スペース内を歩き回れないよう、来客者用のスペースと社内用のスペースを明確に区分けすることで、情報漏洩リスク軽減します。

ページの先頭へ戻る

ゾーニングのポイントと参考例

ゾーニング例

良いゾーニングを考える際のポイントは、各スペースに出入りする人の流れの効率とセキュリティ面の両立です。

右図のように「来客との打合せが多い営業部と応接室は隣接させる」「配達や来客を迎えるため、執務系の部門を受付近くに配置」「セキュリティ面で来客者用と社内用のスペースをしっかりと区分」…等を検討してください。

また、フロアの配管、配線によって業務機器の設置や設備機器の配置が異なってくるため、各スペースの配置を決める際には、天井裏の配管や配線等にも注意が必要です。

なお、個人情報保護法に伴うプライバシーマークやISOを取得する際には、必要な基準や要件を満たしたゾーニングが必須となりますので、予め確認しておきましょう。

メールでのお問合わせ

FAXでのお問合わせ

ページの先頭へ戻る

ソーシャルメディアで共有する オフィス家具・パーテーションならカグクロへ

当サイト(kagukuro.com)の商品ページや特集ページの情報を共有するには、下記ボタンが便利です。

お知り合いの方で、当店の商品・サービス内容に興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介ください。

Facebook Google+ Twitter Hatena
はてなブックマークに登録

ページの先頭へ戻る