オフィスレイアウト入門:デスクレイアウト・パターン

現在のオフィスで多く採用さている、主要なデスクレイアウト・パターンを紹介します。
デスクのレイアウトは、業務の内容や意図するコミュニケーションの取り方などを想定し、ベストな配置を検討しましょう。

各レイアウトにはメリット・デメリットがあるので、それを踏まえてレイアウト設計していく必要があります。

対向式と同向式

対向式/同向式

デスクを向い合せる対向式と、前方に向きを揃える同向式は、一般的な企業の営業や事務部門で見かけることが多く、比較的伝統的な、デスクレイアウトと言えます。

  対向式 同向式
長所 面積効率が良く、部署のコミュニケーションが取りやすい。 適度なコミュニケーションと、プライバシーが確保される。
短所 対面視線が気になる。プライバシーの確保が困難である。 面積効率がやや落ちる。社員の管理・監視面が強い印象。

ページの先頭へ戻る

背面式とクラスター式

背面式/クラスター式

背中合わせに座る背面式と、収納等を直角に組み合わせて、左右対称に配置するクラスター式(左右対称型レイアウト)は、デザイン部門や設計部門に向いています。

  背面式 クラスター式
長所 面積効率良。コミュニケーションとプライバシーが両立。 収納が多く、プライバシーが確保され、作業に集中できる。
短所 パネルの設置で、コスト増。管理者の配置が難しい。 管理者の配置が難しく、面積効率が悪い。配線処理が困難。

ページの先頭へ戻る

スクール式とフリーアドレス式

スクール式/フリーアドレス式

まるで学校の教室のようにデスクを並べるスクール式や、決まった席を設けず、自由に座りたい所に座るフリーアドレス式は、先進的なオフィスで採用されています。

  スクール式 フリーアドレス式
長所 作業に能率的に打ち込める。従業員の管理がしやすい。 面積効率が良く、コスト減。コミュニケーションが取りやすい。
短所 机と床の面積効率が悪い。机下の配線処理がしにくい。 プライバシーの確保が困難。個人の荷物管理ができない。

メールでのお問合わせ

FAXでのお問合わせ

ページの先頭へ戻る

ワンポイントアドバイス デスクレイアウト・パターン:オフィス家具の、見積・購入ならカグクロへ

デスクレイアウト・パターンのワンポイントアドバイス画像

デスクレイアウト・パターン

新しい“働き方”を意識した、デスクレイアウトを考えよう。

働き慣れた環境でも机の並べ方を変えるだけで、“働き方”に変化が生まれます。

活発なコミュニケーションを期待して対面型レイアウトにしたものの、視線が気になって業務に集中しづらくなってしまったり、1人1人の空間を贅沢に確保した反面、拡張性が低く業務効率の悪い空間になってしまったり、オフィスの悩みが何気なく導入したデスクレイアウトに起因している場合も少なくありません。

現在の“働き方”に最適化することはもちろん、組織への期待や将来像を次のデスクレイアウトに反映することで、新しい“働き方”が生まれるかもしれません。

カグクロではオフィス家具やOA機器の販売だけでなく、オフィスのレイアウトプランニングも承っておりますので、レイアウトに労力を割けない、レイアウトを考えるのが難しいという場合は、お気軽にお問合わせください。


オフィスレイアウトを相談する

ページの先頭へ戻る

ソーシャルメディアで共有する オフィス家具・パーテーションならカグクロへ

当サイト(kagukuro.com)の商品ページや特集ページの情報を共有するには、下記ボタンが便利です。

お知り合いの方で、当店の商品・サービス内容に興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介ください。

Facebook Google+ Twitter Hatena
はてなブックマークに登録

ページの先頭へ戻る